シェアハウスの仕組み

テレビの番組でもシェアハウスに暮らす男女の生活について取り上げた番組などが人気となり、一躍注目されるようになりました。
シェアハウスとは、一つの家を複数の方が賃貸し暮らしを共にするという形態野賃貸住宅です。
通常一軒家にはご家族で暮らすことが多いのですが、リビングやキッチン、バスルームなどの共用部分以外に、プライベート居室を作ることで、他人との暮らしを快適にできるように工夫された賃貸物件です。

若い世代が暮らすシェアハウスが多いのですが、中には高齢者が協力し合って暮らすところもあります。
一般的には20代から30代くらいの年齢層の方々が、ともに協力し合って暮らしています。

プライベートルームは個室だったり、ドミトリーと呼ばれる2人部屋だったりします。
和室や洋室などもありますが、洋室が多いようです。
プライベートルームにはエアコン、テレビ、ベッドなどが備え付けてあり、リビングにはソファなどくつろげる空間となっています。
キッチンには炊飯ジャーやガス台、冷蔵庫など共用で利用できる設備が整っていて、一緒に暮らす方がともに利用します。

女性専用、男性専用、また年齢層が決められていたり、学生専用などもありますが、男女一緒というところもあります。
プライベート空間は鍵付になっていて、しっかりプライベートを守ることができるようになっています。

当サイトは今注目のシェアハウスについてその特徴を皆さんにお知らせするサイトです。
メリット、デメリットをよく理解し、楽しく暮らせるヒントにしていただけたら幸いです。